想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

移動店舗の巡回地域を拡大 コープみらい「ふれあい便」2014年3月24日

一覧へ

 千葉・埼玉・東京を事業エリアとするコープみらいは、買い物艱難者向けに実施している移動店舗「コープの移動店舗 ふれあい便」の巡回地域を拡大することにした。

 「ふれあい便」は、ミニコープ蔵波店(千葉県袖ケ浦市)を拠点に、2013年4月から週に1度、冷蔵ショーケースを備えた販売車が中山間地や近くに店舗がない地域などを訪問して、生活に必要な商品を販売している。
 これまでは、袖ケ浦市、君津市、市原市の買い物が困難な中山間地エリアを巡回してきたが、1年が経過して、中山間地の要望に応えられたことを踏まえ、以前から要望があった市原市の光風台団地(3月24日から)の停留所8カ所、木更津市の大久保団地(同28日から)の5停留所への巡回を行うことを決めた。
 「ふれあい便」の品揃えは、農産・水産・畜産・惣菜・日配・食品・菓子・雑貨の500-700アイテムで、品揃えにない商品は、予約注文を受け届けている。

(関連記事)

食事からの放射性物質摂取量調査 日本生協連(2014.03.04)

総供給高5カ月連続で前年上回る 生協(14.02.24)

産直品や人気コープ商品が大集合 コープみらい(2014.02.17)

4カ月連続で前年同月超え 生協12月供給高(2014.02.07)

再生可能エネルギーの推進求める 生活クラブ (2014.01.15)

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る