食品流通 ニュース詳細

2014.03.24 
移動店舗の巡回地域を拡大 コープみらい「ふれあい便」一覧へ

 千葉・埼玉・東京を事業エリアとするコープみらいは、買い物艱難者向けに実施している移動店舗「コープの移動店舗 ふれあい便」の巡回地域を拡大することにした。

 「ふれあい便」は、ミニコープ蔵波店(千葉県袖ケ浦市)を拠点に、2013年4月から週に1度、冷蔵ショーケースを備えた販売車が中山間地や近くに店舗がない地域などを訪問して、生活に必要な商品を販売している。
 これまでは、袖ケ浦市、君津市、市原市の買い物が困難な中山間地エリアを巡回してきたが、1年が経過して、中山間地の要望に応えられたことを踏まえ、以前から要望があった市原市の光風台団地(3月24日から)の停留所8カ所、木更津市の大久保団地(同28日から)の5停留所への巡回を行うことを決めた。
 「ふれあい便」の品揃えは、農産・水産・畜産・惣菜・日配・食品・菓子・雑貨の500-700アイテムで、品揃えにない商品は、予約注文を受け届けている。

(関連記事)

食事からの放射性物質摂取量調査 日本生協連(2014.03.04)

総供給高5カ月連続で前年上回る 生協(14.02.24)

産直品や人気コープ商品が大集合 コープみらい(2014.02.17)

4カ月連続で前年同月超え 生協12月供給高(2014.02.07)

再生可能エネルギーの推進求める 生活クラブ (2014.01.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ