食品流通 ニュース詳細

2014.03.25 
消費税増税で年10万円の負担増に 日本生協連一覧へ

 日本生協連では、毎年、生協組合員が家庭で負担している消費税額を調べているが、これをもとに消費税率8%でいくら負担増になるか試算した。

 日本生協連の小税額の調査「消費税しらべ」では、2013年の1世帯当たり年間消費税額は平均で16万6672円で、消費支出に占める割合は3.65%だった(33生協665世帯)。
 消費税率が8%に引き上げられ、13年と同じ消費支出を続けたとすると、1世帯当たりの年間消費税額は平均で26万6675円となり、13年に比べて約10万円の負担増になると試算している。
 これが収入に占める割合は平均2.46%だが、年収400万円未満世帯では3.48%、1000万円以上世帯では1.92%と、1.81倍の開きとなり、低収入層ほど消費税の負担率が高い「逆進性」がみられるとしている。

計算方法:(8%の消費税額)=(2013年の消費税額)÷5×8

 

(関連記事)

6カ月連続前年を超え 主要生協の2月度供給実績(2014.03.24)

再保証残高4兆3600億円台を計画 全国農協保証センター(2014.03.24)

農薬出荷大幅に伸長 1月の農薬出荷実績(2014.03.19)

輸入小麦の売渡価格2.3%引き上げ(2014.02.25)

4カ月連続で前年同月超え 生協12月供給高(2014.02.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ