食品流通 ニュース詳細

2016.02.12 
寒波で被害受けた野菜を販売 コープみらい一覧へ

 コープみらいは、1月下旬の寒波による降霜や降雪の影響で農作物に多大な被害を受けた鹿児島の農家・産地を支援するため、天候被害を受けたスナックエンドウを16店舗で販売している。

寒波で被害受けた野菜を販売 コープみらいソラマメやスナックエンドウ 鹿児島県内での農作物被害は広域におよんでおり、ソラマメやスナックエンドウなど多くの野菜をはじめとする農作物に被害が生じている。
 コープみらいでは、天候被害、規格外、不揃い品を無駄にしないため、また生産者の努力を無にしないように、形や大きさが出荷基準に合わない野菜や果物、傷や割れが生じた果物を有効利用するため、「天候被害果」「ハネッコ」といった商品として、組合員に理解して購入してもらう取り組みを進めてきている。
 今回も、寒波による降雪被害でサヤの表面が一部変色しているが、食味は通常商品と変わらないスナックエンドウを、2月14日まで千葉・東京・埼玉エリアの16店舗で販売する。
 総販売数量は、鹿児島県産スナックエンドウ(天候被害)約3000パック。1パック195円(本体価格)。

(写真)スナックエンドウ(天候被害)の売り場

(関連記事)
人気商品・産直品の試食・販売 コープみらいフェスタ きやっせ物産展開催 (16.02.01)

関東・東北豪雨被害支援で1365万円寄付 コープみらい (15.12.03)

千葉県全市町村と「見守り協定」締結 コープみらい (15.09.07)

新井ちとせ・コープみらい理事長 信頼される生協へ 組合員・職員と共に歩む (15.09.01)

被爆者の声を次世代に継承 コープみらい (15.06.23)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ