左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

寒波で被害受けた野菜を販売 コープみらい2016年2月12日

一覧へ

 コープみらいは、1月下旬の寒波による降霜や降雪の影響で農作物に多大な被害を受けた鹿児島の農家・産地を支援するため、天候被害を受けたスナックエンドウを16店舗で販売している。

寒波で被害受けた野菜を販売 コープみらいソラマメやスナックエンドウ 鹿児島県内での農作物被害は広域におよんでおり、ソラマメやスナックエンドウなど多くの野菜をはじめとする農作物に被害が生じている。
 コープみらいでは、天候被害、規格外、不揃い品を無駄にしないため、また生産者の努力を無にしないように、形や大きさが出荷基準に合わない野菜や果物、傷や割れが生じた果物を有効利用するため、「天候被害果」「ハネッコ」といった商品として、組合員に理解して購入してもらう取り組みを進めてきている。
 今回も、寒波による降雪被害でサヤの表面が一部変色しているが、食味は通常商品と変わらないスナックエンドウを、2月14日まで千葉・東京・埼玉エリアの16店舗で販売する。
 総販売数量は、鹿児島県産スナックエンドウ(天候被害)約3000パック。1パック195円(本体価格)。

(写真)スナックエンドウ(天候被害)の売り場

(関連記事)
人気商品・産直品の試食・販売 コープみらいフェスタ きやっせ物産展開催 (16.02.01)

関東・東北豪雨被害支援で1365万円寄付 コープみらい (15.12.03)

千葉県全市町村と「見守り協定」締結 コープみらい (15.09.07)

新井ちとせ・コープみらい理事長 信頼される生協へ 組合員・職員と共に歩む (15.09.01)

被爆者の声を次世代に継承 コープみらい (15.06.23)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る