左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上目標を20%オーバー 新業態店舗「JAファーマーズ太田藪塚」2017年8月1日

一覧へ

 (株)エーコープ関東は、7月28日に新業態店舗「JAファーマーズ太田藪塚」(群馬県太田市大原町)をオープンした。

7月28日のオープンセレモニー

 同店は、農産物直売所とスーパーマーケット(Aコープ)が一体となった新しいタイプの店舗で、関東圏では6月21日にオープンした「JAファーマーズ朝倉町」(群馬県前橋市)に次ぐ7店舗目、全国では14店舗目の出店となる。

開店と同時に続々と店内に入る地元の人たち 「お客さまの食べる幸せ」「生産者のつくる幸せ」それを結ぶ「従業員の提供する幸せ」という「3者が共感できるお店をめざし、地元のJAや群馬県下JAの営農指導にもとづく生産者組合員による安心で新鮮な野菜・果物・花きの『地産地消』の拠点、JAグループならではの美味しいお肉を提供するお店を実現し、地域のなかで『生産者と消費者の懸け橋』機能を発揮」し「毎日の感動と笑顔あふれるお店」にしたいと、エーコープ関東では力を入れている。
nous1708010803.jpg 同店の売場面積は574坪(産直売場100坪)で、対面式の調理・試食販売コーナー「ファーマーズキッチン」を設置した最新型の店舗となっている。
 28日のオープンから30日までの3日間のデータだが、来店客数が1万274人、売上高が2524万8000円と計画を約2割上回る実績をあげ、地元の期待が大きいことをうかがわせた。

(写真上から)7月28日のオープンセレモニー、開店と同時に続々と店内に入る地元の人たち、店内には地元産中心に新鮮な農畜産物が。

(関連記事)

ファーマーズ・マーケット 出荷者の高齢化に対応を(17.03.16)

「第7回ファーマーズ&キッズフェスタ2016」開催(16.12.13)

日本初! さつまいもの体験型テーマパーク「なめがたファーマーズヴィレッジ」(15.11.04)

新業態店「JAファーマーズ朝日町」開店 エーコープ関東(15.08.04)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る