想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

青梅で農業体験ツアー「旅するやさい」シリーズ提供開始 HIS2020年10月25日

一覧へ

エイチ・アイ・エス(HIS)法人営業本部は、農業生産者と消費者を繋ぎ、野菜の成長から学ぶ食育や農業の魅力を伝え、食材を味わい実際にその土地へ足を運び、農業体験できるツアー「旅するやさい」シリーズを立ち上げた。第一弾は、東京・青梅の農業生産者から食や農業を学び、農業体験、野菜の販売、食のおもしろさを体験する。

トーキョートメートの山口氏トーキョートメートの山口氏

コロナ禍でライフスタイルが見直される中、東京都心から1時間で行ける自然豊かな青梅市で今回、農業体験する野菜は、青梅でしか収穫できない「トーキョートメート」。中の果実の筋が透けて見えるほど皮が薄く、フルーツのような新触感のミニトマトで、長距離発送をしていないため、青梅地域に来ないと食べることができない希少なトマトだ。

ツアーはオンラインとオフラインの2通りを用意。オンラインツアーは、青梅の紹介と、トマト農家でトーキョートメート(株)の山口真氏がトマトの魅力について語り、出張料理人の加藤孝一氏がトマトの秘密と美味しいレシピを教えるオンラインクッキングを行う。

一方、オフラインツアーでは、現地に実際に足を運び、トマトの収穫、わき芽かき、出荷調製、栽培管理などを体験しながら青梅の農業生産者から「食や農業」について学び、野菜の販売、食のおもしろさも体験する。子どもでも分かりやすく、野菜の育て方や収穫の仕方を知ることができるツアーで、家庭ではなかなか学べない食育学習を提供。食の興味や偏食の克服もめざすとともに、野菜の消費量を高めていくことで、農業生産者を応援する。

農業体験の場所となる青梅の代表的な観光地の御岳山は、初心者や子どもでも気軽に行きやすい山で、パワースポット巡りなど人気の観光地となっている。今後は、青梅市観光協会と連携し、温泉などの観光要素を組み合わせたプランなど、関東近郊からのマイクロツーリズムの活性化を目めざす。

オンラインツアーは、10月31日12時から45分間。ツアー代金は、オンライン体験のみで1010円。食材のパスタセットの郵送込みで3800円。11月21日開催のオフライン(農業体験)プランのツアー代金は2500円(大人)。オンライン体験ツアーと両方参加の場合は1010円引きとなる。

【オンラインツアー概要】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る