想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

100本限定 兵庫・丹波の酒蔵が栗の焼酎ヌーボー発売2020年10月25日

一覧へ

(株)西山酒造場(兵庫県丹波市)は、栗の焼酎ヌーボー「小鼓 栗の焼酎 古丹波ヌーボー」の100本限定の予約販売を同社ネットショップで10月中旬から始める。

100本限定 兵庫・丹波の酒蔵が栗の焼酎ヌーボー発売

同社の酒蔵がある丹波地域では9月末~10月にかけて、全国的に有名なブランド栗「丹波栗」が収穫される。風味が強い丹波栗は、粒が大きくて肉質が締まり、渋皮がはがれにくいのが特徴で高品質の証だが、わずかな傷などで厳しい基準を満たせず、出荷できない栗も多い。こうした丹波栗を活用してつくった「栗焼酎の新酒」は、とれたての栗を使って仕込み、熟成させず、新鮮な味わいを楽しめる。

「小鼓 栗の焼酎 古丹波ヌーボー」は、限定100本製造でシリアルナンバー入り。原料はすべて丹波地域産。栗は今秋に収穫されたばかりの丹波栗のみを使い、ベースとなる醪(もろみ)には丹波産の酒米「夢たんば」を使った。

通常、焼酎は熟成期間を経て愉しむ習慣があるが、造りたての丹波栗の荒々しいフレッシュさを秋のうちに味わえる季節もの。家庭で熟成させることで次第にまろやかになっていく味わいの変化も楽しめる。720mlで3000円(税別)。出荷は11月19日から。

【「小鼓 栗の焼酎 古丹波ヌーボー」】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る