想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

南部茶の 「チャバコ」 道の駅なんぶで限定発売2020年10月26日

一覧へ

(株)村の駅が運営する山梨県の「道の駅なんぶ」は、たばこのような見た目のパッケージが目印のお茶「チャバコ」の「南部茶」を使ったオリジナル商品「なんぶチャバコ」(NANBU Chabacco)を10月30日から販売する。

タバコのようなパッケージの「なんぶチャバコ」タバコのようなパッケージの「なんぶチャバコ」

「チャバコ」は、静岡県掛川発の粉末茶スティック。タバコのようなパッケージの箱の中にスティック状の粉末茶が8本入っており、水かお湯があれば、いつでも、どこでも日本茶の味わいを楽しめる。粉末状タイプでお水でも簡単に溶けるため、ペットボトルの水に入れて振るだけで簡単にお茶ができあがる。

新登場の「なんぶチャバコ」(500円、税込)は、山梨県南巨摩郡南部町で生産されている特産品「南部茶」を使用。温暖な気候と豊かな雨の恵みを受けて育てられ、上品な香りと甘くやわらかな味わいが特徴の「南部茶」を粉末スティックにした。パッケージには、地元・南部氏の祖「南部三郎光行公」の像をあしらい、南部町の魅力を伝えている。

「道の駅なんぶ」は、中部横断自動車道と国道52号双方の利用者がパーキングエリア及び災害時の一時避難所として利用できる国と町の一体型の道の駅。農産物直売所「なんぶ・村の駅」では、南部茶のオリジナル商品や山梨の名産品を販売し、食事処でも南部茶の創作グルメやご当地グルメを展開。町内外の交流の拠点として南部町の魅力を知る体験型「食のテーマパーク」をめざしている。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る