想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

Web加入者急増 総供給高は8か月連続前年超過 日本生協連2020年10月26日

一覧へ

日本生活協同組合連合会は、2020年上期の業績について取りまとめた。全国の主要地域生協の総供給高は8か月連続で前年超過となり、コロナ禍でWeb加入数が急増。5月以降も前年比2倍程度を維持している。

「高齢者等専用お買い物時間」を設定したコープこうべの店舗「高齢者等専用お買い物時間」を設定したコープこうべの店舗

全国65主要地域生協の2020年9月度の供給高(売上高)の速報は、 総供給高は2409億5500万円で前年同月比109.4%。2月からかカ月連続で前年超過となった。

宅配事業では、コロナ禍で外出が制限される中、地域生協は商品の配達に徹することで、宅配事業の供給高、利用人数、客単価ともに上期を通して前年を上回った。新型コロナウイルスの流行が始まった2月から受注に変化があり、マスクをはじめとした衛生用品が全国的に品薄となった。2月下旬の一斉休校を受け在宅時間が増えると、米などの買いだめの動きが広がり、その後、カップ麺、冷凍食品、パスタをはじめとした保存ができる商品の需要が多くなった。4月の緊急事態宣言後は巣ごもり需要が増え、家で料理を楽しめるホットケーキミックスなどの商品が品薄となった。

店舗事業では、コロナ禍での組合員の不安に配慮した様々な取り組みが全国で行われた。コープこうべでは「高齢者等専用お買い物時間」を設定し、高齢者や障がい者、妊産婦など社会的配慮の必要な人が安心して買い物できる取り組みを行った。また、コープおおいたでは、移動店舗販売や買い物送迎車の取り組みを行い、買い物弱者への支援に取り組んだ。さらに福井県民生協では、休校中の子どもがいる家庭向けに「福井県民生協休校支援宅配弁当」を開始した。

Web加入数は、コロナ禍で急増し3月~8月までの6か月間の新規加入は56.2万人。4月度の緊急事態宣言発令後にピークを迎え、前年比804%となり、5月以降は減少傾向にあるが、現在も前年比2倍程度を維持してる。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る