Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

9月はコロナ下げ止まりでも回復鈍い 外食市場2020年10月28日

一覧へ

日本フードサービス協会は、9月の外食産業市場動向調査結果を公表した。外食全体の売り上げは前年比86.0%と前月より2ポイント上昇したが、新型コロナウイルス感染者数が下げ止まり感を強める中、依然として厳しい状況が続いている。

コロナの新規感染が8月上旬をピークに減少傾向を見せはじめたことで、特に月後半の4連休(シルバーウイーク)には一部で売り上げが前年並みまで回復。しかし、感染者数は下げ止まり企業の在宅勤務が続く中、特に繁華街・ビジネス街、ディナー時間帯、飲酒業態の営業が苦戦している。また、今年は前年より休日数が1日少なく、西日本が台風の影響を受けたことも回復が遅れた要因になったと分析している。

業態別ではファストフードが、テイクアウトとデリバリーの需要が堅調な洋風が牽引し、全体売り上げは95.5%となった。洋風はドライブスルーのテイクアウトやデリバリーの浸透などもあり、103.3%と好調を維持。和風は高単価品やセットメニュー等を投入するも繁華街・ビジネス街の客足が戻らず92.8%。麺類は昨年の好調と比べると、回復が緩やかで84.6%だった。持ち帰り米飯・回転寿司は回復基調にあるものの雨天の外出自粛が影響し94.0%にとどまった。その他ではアイスクリームは、昨年好調だったキャンペーンの反動もあり83.6%となった。

ファミリーレストランは月後半にかけて客足が緩やかに回復し、全体売り上げは80.3%となった。洋風、和風、焼肉は4連休に前年並みまで回復するところもあり、売り上げはそれぞれ75.7%、77.7%、91.7%と前月を上回った。中華は引き続きテイクアウト・デリバリー需要の支えもあり、91.3%と前月並みだった。

パブ・居酒屋は東京都による飲酒業態の営業時間短縮要請(15日まで)や、夜の時間帯の客足の停滞などから、業態全体の売り上げは51.1%。パブ・ビアホールは44.4%、居酒屋は52.8%と厳しい状況が続いている。

ディナーレストランはGo Toトラベルの旅行客など、立地によって集客の差がみられるものの、宴会需要ではなく小規模の会食を中心に少しづつ回復し、売り上げは71.3%となった。
喫茶は依然としてビジネス街立地での客足の戻りが弱く、売り上げは72.5%だった。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

イソクラスト:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る