想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

オンライン商談会 スーパー向け「産地食材フェア応援パック」提供開始 みらいマルシェ2021年1月21日

一覧へ

産地と食品スーパーが繋がるスマホアプリ「みらいマルシェ」を運営する、みらいマルシェ(株)は1月20日、食品スーパーに向けて「産地食材フェア応援パック」の提供を始めた。

オンライン商談会 スーパー向け「産地食材フェア応援パック」提供開始 みらいマルシェ

同社は、コロナ禍にある産地食材フェアの実施を支援し、消費者・産地の課題解決に繋げようと、「産地食材フェア応援パック」をスタート。スーパーが遠隔産地の食材を用いたフェアを気軽に実施できる環境を整えることで消費者へこれまで地元のスーパーでは見ることのなかった食材との出会いなど「ワクワクする食卓時間」を提供し、産地へは販路拡大の支援により貢献していく。

「産地食材フェア応援パック」は、みらいマルシェが産地と食品スーパーのハブとなり、オンラインによる産地視察や商談会を行い、商品選定に向けて提案。また、みらいマルシェを活用したオンライン発注・決済システムを提供し、効率的な物流の手配や販促物を提供する。さらに、スーパーだけでなく、産地側のサポートも同時に行う。

第一弾として沖縄のスーパーと西九州地域を繋ぐ食材フェアを1月20日から実施。(株)野嵩商会様が運営する沖縄県の食品スーパー「ユニオン」19店舗で1月20日~26日の期間、「西九州食財フェア」を行い、長崎ハーブ鯖や牡蠣、ヒラマサ、飛魚、とらふぐ、アジ、真鯛、クロマグロなどの水産物をはじめ、西海みかんや長崎いちご、スナップえんどう、きんかん、オイスターにんにくといった農産物など、西九州地域の食材を販売する。

ユニオンの担当者は「コロナ禍で産地に行けない中、オンライン商談や商品選定のサポートをしてもらえ助かる。沖縄で並んだことのない西九州食材のフェアを通じて、少しでもご家庭の楽しみにしていただけたら。また、コロナで大変な漁師さん、生産者さん、卸の方々の支援に少しでもなれば」とコメント。また、産地の事業者からは「自分たちだけでは繋がることのできなかった、沖縄のスーパーと取引できることが嬉しい。物流の調整もしてもらえたので、出荷・納品もスムーズ。コロナ禍だからこそ、遠方である長崎県の美味しい食財を楽しんで頂きたい」と話している。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る