BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

原材料や流通のプロセス情報を提供する実証実験開始 日本農業×大日本印刷2021年12月6日

一覧へ

農産物を生産・加工・販売する日本農業は、大日本印刷(DNP)と、パッケージのQRコードの読み取りで、農場の生産・加工・流通・販売のプロセス情報を消費者に提供する実証実験を開始した。

両社のノウハウを組み合わせた実証実験両社のノウハウを組み合わせた実証実験

日本の就農者は年々減っており、その理由のひとつに今のシステムでは農家が食べていけないということがある。また、持続可能な食料システムには、入口となる有機農業の推進だけでなく、加工・流通・販売・消費においてすべての持続可能性を追求する必要がある。

そこで、収穫時期や規格に左右されずに野菜が届けられ、おいしく健康的なスープの六次産業化を手がける日本農業と、パッケージで商品個別単位の情報管理を可能とする大日本印刷の「スマートIoTパッケージ」のノウハウを組み合わせ、実証実験を行う。

実証実験では、日本農業が、登録・蓄積した商品のプロセス情報にリンクさせるQRコードを「たんとスープ」のパッケージに掲出して販売。「たんとスープ」を購入した生活者は、このQRコードをスマートフォンで読み取ることでプロセス情報を確認できる。一方、大日本印刷は、情報蓄積のためのスマートフォンアプリの企画・運用設計と、農場や製造拠点・販売店舗などでのアプリの活用を支援。また、環境に配慮した取組みとして、パッケージには、「DNP断熱紙カップ HI-CUP 電子レンジ対応」を使い、石油由来のプラスチックの削減にも貢献する。

これまで製造者は、最終製品を介してが消費者とつながることが主流だったが、この取り組みでは、パッケージのQRコードを通じて商品のプロセス情報を消費者に発信することで、消費者と農家を繋げ、持続可能な食料システムや循環型社会を後押しするとともに、農家発信の新しいコミュニケーションづくりを可能にする。

QRコードの読み取りで商品の関連情報を表示QRコードの読み取りで商品の関連情報を表示

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る