左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
片倉コープアグリ:SP ペースト二段施肥
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

特別支援学校の生徒による販売会 熊谷の物流センターで初めて開催 パルシステム2023年12月5日

一覧へ

パルシステムグループの物流を担う株式会社パルラインは12月14日、パルシステム熊谷センター(埼玉県熊谷市)で深谷はばたき特別支援学校の生徒たちの手による工芸品や農作物の社員向け販売会を開催。生徒自らが社員たちに商品の良さをアピールし、接客しながら交流する。

ふだんは学校内の生産物展示・頒布所で販売する生徒たちの作品ふだんは学校内の生産物展示・頒布所で販売する生徒たちの作品

販売会は、宅配商品の個別セットなどを担う熊谷センターで初めての試み。センターで働く社員が行きかう1階ロビーを会場に、特別支援学校の授業の一環として制作した陶芸や木工、布革製品、学校の畑で育てた野菜などを販売する。

この販売会は、学校教諭の「コロナ禍で日々の学びの成果物の販売先が減ってしまった」という困りごとを受け、パルシステムが熊谷センターでの開催を提案。同センター内に配送拠点を構えるパルシステム埼玉との連携で実現した。センターのセットラインでは、特別支援学校の卒業生たちが日々の業務に欠かせない一員として活躍している。ふだんから学校との密な連携を欠かさず、相互の困りごとなども共有していることから、新たなイベントの開催につながった。センター社員への接客と交流を通じ、生徒たちに将来の職場候補の一つに入れてもらえることも願いながら販売会を盛り上げる。

特性を「わかりあう」ことで安心できる職場

パルラインは2020年から障がい者雇用マニュアルを全社員に配付し、障がいのある職員を積極的に採用。研修なども実施し、同じ職場で働くお互いの状況が「わからない」ことで生まれる不安の解消に努めている。

専門の研修を修了した職場適応援助者「ジョブコーチ」を全12事業所に配置し、雇用定着をサポート。さらに社内資格の「ジョブサポーター」取得者は現在200人を超え、「障がい者への理解がある」との意思表示を込めた腕章とバッチを身に着け、障がい者が安心して働けるよう職場内で支えている。

3000人以上が働く社内全体の支援体制のもと、現在は商品やカタログのセットセンターなどで73人の障がい者が活躍している。

特別支援学校の生徒による販売会 熊谷の物流センターで初めて開催 パルシステム

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る