左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

豪州で太陽光利用型植物工場 三菱ケミカル2013年4月22日

一覧へ

 農業用フィルムの製造・販売などを手がける三菱樹脂アグリドリーム(株)は4月から、豪州ビクトリア州で太陽光利用型植物工場の実証試験を開始した。

 同社は閉鎖型苗生産システム「苗テラス」、葉菜用溶液栽培システム「ナッパーランド」など、植物工場システムを製造・販売している。ナッパーランドは国内で100件以上の販売実績があり、高い評価を得ている。
 こうした植物工場の海外展開としては、すでに中国・江蘇州で栽培し、ホテルなど中心に試験販売を行っているが、今回の豪州での試験で中国に続く海外2カ所めの拠点づくりをめざす。
 同社と同じく三菱ケミカルホールディングスの子会社である(株)地球快適化インスティテュートの2社が、現地の政府系企業と共同してビクトリア州ノックスフィールド農業試験場に苗テラスとナッパーランドを設置した。これら2つのシステムを併用することで、ホウレンソウであれば通常の土耕栽培の約5倍となる年20作が可能になる。
 「豪州では近年、干ばつが多く、農業現場での節水が求められている。また、野菜の市場価格が諸外国に比べて比較的高い」(三菱ケミカルホールディングス広報・IR室)ため、日本では慣行栽培に比べて生産コストが高く市場流通が難しい植物工場でも、「市場性が見込める」としている。将来的には販売・流通の現地法人を設立し、生産から販売まで一貫して手がけるビジネスモデルの構築を図る。さらには、そうしたビジネスモデルを「東南アジアや中国で展開したい」考えだ。

ノックスフィールド農業試験場 試験場内のナッパーランド

(写真)
(左から)ノックスフィールド農業試験場、試験場内のナッパーランド


(関連記事)

JAとして初、密閉型植物工場に参入(2013.03.26)

水路を緑化するブロックマット 三菱樹脂(2012.12.26)

冬でも十分な光量を確保 POフィルム「美サンランダイヤスター」 (2012.11.27)

MKVドリームが社名変更 "三菱"ブランドが復活 (2012.04.03)

トマトの太陽光利用型植物工場の実験施設完成  三菱グループ、千葉大学 (2011.06.21)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る