Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ウリ科野菜の「見えざる脅威」を防ぐ 農研機構2013年11月19日

一覧へ

 農研機構と農林水産技術会議事務局は12月9日、福島県郡山市のビッグパレットふくしまで平成25年度東北地域マッチングフォーラムを開く。テーマは「忍び寄る脅威から産地を守る―ウリ科野菜ホモプシス根腐病の総合防除対策―」。

 ウリ科野菜のホモプシス根腐病は約30年前に日本で初めて発生が確認された。2000年になってからは、東北地域のキュウリやメロンで被害が拡大している。
 この病気は土壌伝染病だが、病原菌が少量あっても地上部に症状が出ない潜在的汚染ほ場になることが多く、「見えざる脅威」として、対策が急務となっている。
 このフォーラムでは、有効な土壌診断法、被害軽減対策など最新の研究結果のほか、パネル展示や技術相談も行う。

【イベント概要】
○日時:12月9日 13:00?17:15
○会場:ビッグパレットふくしま(福島県郡山市)
○参加費:無料
○定員:200人
 申し込みは東北農業研究センター情報広報課(Eメール、TEL:019-643-3414)まで。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る