Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

カンキツ類の親子関係判明 新品種開発の効率化に期待2017年1月16日

一覧へ

 国立遺伝学研究所、農研機構、京都大学は共同で、60品種以上のカンキツ類の親子関係を明らかにしたことをこのほど公表した。今後は未利用の品種との交配組み合わせなど新しい品種開発へ応用が期待される。

少数のカンキツ祖先品種 温州ミカンなど22品種の種子親と花粉親の組み合わせ、45の在来品種の片親や起源、親子関係がわかった。
 種子親は種子を作り出す親、花粉親は受粉のための花粉を作り出す親のこと。交配で得られた種子の特徴の一部に、種子親の特徴が反映される場合があるため、どちらの親なのか決定することが重要となる。
 ヒトの親子関係で利用されるのとほぼ同様の遺伝解析を行い、判明した。
 これにより祖先品種が世界各地へどのように伝来したのか、また優れた性質を持つ新品種の開発の迅速化と効率化などが期待できる。
(写真)少数のカンキツ祖先品種

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る