想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

体外培養で成熟卵子を作る第一歩 最優秀論文賞受賞東京農業大学・農研機構2017年3月29日

一覧へ

 東京農業大学応用生物科学部バイオサイエンス学科の尾畑やよい教授と農研機構畜産研究部門家畜育種繁殖研究領域家畜肺生産ユニットの平尾雄二ユニット長らのグループの研究が、米国科学アカデミー紀要(PNAS)の2016年最優秀論文賞(Cozzarelli Prize)にこのほど選ばれた。授与式は4月30日、ワシントンDC.で開かれる予定。

 表彰された研究は、試験管内(培養皿)でほ乳類胎仔の未分化の生殖細胞から機能的な卵子を作る培養系を確立したもの。昨年7月25日にPNASのオンライン版に掲載された。
 例えば、雌牛が10年生きて21日周期で排卵した場合、生涯に173個しか成熟卵子を作れない。これまでの培養系では、卵子の分化を周囲の卵巣細胞が体内のようにサポートできないことが課題だったが、今回の研究で、エストロジェン(女性ホルモンともいわれる物質の総称)の阻害剤を培養液に添加することで、改善に成功。体外培養で体内より多くの成熟卵子を創る可能性を模索する第一歩となった。
 今回受賞した最優秀論文賞は、PNASに掲載された論文の中から6つの部門で毎年一つずつ最優秀論文賞に選ばれている。今回の受賞を、尾畑教授は▽マウス始原生殖細胞から成熟卵子を世界で初めて作出、▽卵子形成機構の解明への貢献などが評価されたのではないかと分析している。

体外培養で成熟卵子を作る第一歩 最優秀論文賞受賞(写真)東京農業大学提供

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る