Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

NEXTAGE、わさびの自動栽培で「ヤマハ発動機賞」受賞「アグリテックグランプリ2021」2021年9月24日

一覧へ

わさびの自動栽培に取り組むアグリテックベンチャーの株式会社NEXTAGEは、9月18日に開かれた「アグリテックグランプリ2021」で、「ヤマハ発動機賞」を受賞。「遠隔栽培管理技術を活用した植物工場でのわさび栽培」への取り組み内容が評価された。

ヤマハ発動機の大東氏(左)と受賞したNEXTAGEの中村氏ヤマハ発動機の大東氏(左)と受賞したNEXTAGEの中村氏

大学や研究機関、企業の研究所では科学技術の「種」が生まれているが、実用化に向けて芽を出すには大きな努力を要する。株式会社リバネスとパートナー企業が開催する「テックプランター」は、これを発掘し、ビジネスまで芽吹かせるプランターとしての役割を担う。
「アグリテックグランプリ21」は、食、農、環境、水資源、バイオマスなどリアルテック領域の技術シーズと起業家の発掘育成を目的としたプログラム。当日は、「テックプランター2021」に応募した316チームの中から選ばれたファイナリスト12チームの審査が行われた。

NEXTAGEは、わさびの自動栽培ソリューションの開発に取り組むアグリテックベンチャー企業。代表の中村拓也氏が毎年旅行で訪れていた地域のわさび田の荒廃を目の当たりにし、強い懸念を持つようになったことがきっかけで、最高峰の国産わさびといわれる「真妻種」発祥の地 旧真妻村(現印南町川又)を訪れ、2019年より真妻種の栽培を始めた。中村氏は、日本の食だけでなく、文化や技術を伝え、様々な企業と繋がり、日本が誇る「わさび文化」の継承と発展、100年後の未来の子供たちに「本物のわさび」を残したいという想いで、屋内環境での人工光による栽培を始め、試験栽培と商品化に取り組んでいる。

今回、NEXTAGEは栽培環境に関するデータや各種デバイスから得られる情報を、同社が開発した栽培管理システムに集約することで、遠隔地からの栽培進捗管理や、剪定作業等の判断が行える環境を整備して行うわさび栽培を提案。今後、カメラやIOTセンサー等の各種デバイスから得られるデータセットを活用し、情報分析によるPDCAサイクルの高速化や、AI活用による栽培環境の制御・収穫・出荷などを含めた一部作業の自動化をめざしている。審査では、その海外展開を含む事業の将来性と実行への熱意を高く評価された。

審査したリバネス農林水産研究センター センター長の宮内陽介氏は「NEXTAGE社の取り組みは、アジア圏をはじめ海外でわさびの需要を実感している弊社メンバーから事業の将来性についてポジティブな意見が多数あがった。これからも、遠隔栽培技術を活用した現地栽培でのわさびの供給に向けたNEXTAGE社の取り組みについて様々な面からサポートできれば」とコメント。また、「ヤマハ発動機賞」に選定したヤマハ発動機 技術・研究本部 NV・技術戦略統括部主査の大東淳氏は「海外赴任の経験からわさびの海外での入手の難しさや品質面のもの足りなさを感じていた。事業の将来性や取り組まれている技術の価値を評価すると共に、日本の王道を世界にしっかりと届けていきたいという熱意を大変強く感じ、ヤマハ発動機賞として選定した」と話した。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る