第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCプレバソンPC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

【注意報】イネいもち病 県内全域で多発のおそれ 山口県2022年7月20日

一覧へ

山口県病害虫防除所は、イネいもち病(葉いもち、穂いもち)が県内全域で多く発生するおそれがあるとして、7月19日に病害虫発生予察注意報第4号を発令した。

葉いもちの発生株(写真提供:山口県病害虫防除所)葉いもちの発生株(写真提供:山口県病害虫防除所)

7月11日~13日の巡回調査で、葉いもちの発生ほ場率は32.6%(平年6.8%)、発病度は4.3(平年0.4)で過去10年間で最も高かった。葉いもちの発生は、6月下旬では平年並みだったが、その後の曇天等の天候不順により7月中旬に急激に増加した。

葉いもちの病斑。急性型(左)と停滞型(写真提供:山口県病害虫防除所)葉いもちの病斑。急性型(左)と停滞型(写真提供:山口県病害虫防除所)

7月14日に福岡管区気象台が発表した1か月予報では、降水量は平年並か多い、日照時間は平年並か少ない見込み。葉いもちの上位葉への進展や穂いもちへの感染が危惧される。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇上位葉まで病斑が進展している場合や急性型(浸潤型)病斑を認めた場合は、ブラシン剤、トライ剤、コラトップ剤等で直ちに防除を行う。

〇穂への感染を抑えるため、液剤または粉剤を使用して出穂前(穂ばらみ後期)と穂揃期の2回の防除を必ず行う。粒剤を使用する場合は出穂前に行う。

〇防除後も発生の拡大が認められる場合は、追加防除を行う。

〇防除薬剤は農作物病害虫・雑草防除指導基準を参考にする。

穂首いもち(穂首が褐変)(山口県病害虫防除所)穂首いもち(穂首が褐変)(山口県病害虫防除所)

<防除上注意すべき事項>
〇箱施用剤を使用したほ場であってもほ場をよく見回り、同病の発生が認められた場合は防除を実施する。

〇降雨が続く場合の薬剤散布は雨の合間に実施する。その場合、散布後3~4時間は降雨がないことが望ましい。

〇粒剤は剤により使用時期が異なるので注意する。

〇薬剤散布の際は農薬使用基準を遵守し、周辺作物への飛散を防止するよう十分注意する

最新の記事

右上長方形:NTTアドSP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る