2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

【注意報】斑点米カメムシ類 県内全域で多発のおそれ 石川県2022年8月4日

一覧へ

石川県農林総合研究センターは、斑点米カメムシ類(クモヘリカメムシ、アカスジカスミカメ、ホソハリカメムシなど)が、県内全域で多発するおそれがあるとして、8月4日に病害虫発生予察注意報第2号を発令した。

水稲ほ場における斑点米カメムシ類の発生は、40回すくい取り調査による成虫数が13.1頭(平年値:7.7頭)で平年の1.7倍多い。種類別では、クモヘリカメムシの成虫数が4.6頭(平年値:3.3頭)、アカスジカスミカメの成虫数が4.1頭(平年値:2.4頭)、ホソハリカメムシの成虫数が2.4頭(平年値:0.8頭)と多い。

新潟地方気象台が7月28日付で発表した向こう1か月の気象予報によると、8月の気温は高いと予想されており、水田への侵入や加害が多くなると推測される。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇出穂7~10日後と14~17日後の2回の防除を徹底する。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る