第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【注意報】果樹カメムシ類 県内全域で急増 佐賀県2022年8月23日

一覧へ

佐賀県農業技術防除センターは、果樹全般に果樹カメムシ類が県内全域で平年より多く発生していることから、8月23日に病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

果樹カメムシ類(写真提供:佐賀県農業技術防除センター)果樹カメムシ類(写真提供:佐賀県農業技術防除センター)

県内2か所(佐賀市、小城市)に設置している予察灯において、8月1半旬以降に同虫の誘殺虫数が急増している。

8月17~19日に、県内12地点で行ったヒノキ樹上における寄生状況調査において、同虫の寄生成幼虫数の平均は32.4頭/5枝(平年12.7頭/5枝)で平年より多い。また、同時に行ったヒノキ毬果(きゅうか)の調査では、ヒノキ毬果1果当たりの同虫による口針鞘数の平均は14.6本/果で、25本/果に近づいた地点が3地点認められた。ヒノキ毬果における口針鞘数が1果当たり25本を超えると、果樹カメムシ類がヒノキ毬果より離脱する傾向にあり、園地への飛来の可能性が高くなる。

福岡管区気象台が8月18日に発表した九州北部地方の向こう1か月の気象予報では、気温が平年より高いと予想され、同虫の発生に好適な条件となっている。

同センターでは次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇飛来状況は、地域、園地、園地内の場所によって異なるため、園内外をよく観察し、早期発見に努める。
〇飛来が確認されたら、合成ピレスロイド系薬剤またはネオニコチノイド系薬剤で直ちに防除する。なお、両薬剤の残効期間は10~15日程度。また、ネオニコチノイド系薬剤は、30~50ミリ程度の降雨で防除効果が低下するため、散布後に同雨量以上の降雨があった場合は、再散布を行う。
〇地域全体で一斉防除を行うと高い効果が得られる。
〇施設栽培では、開口部に防虫ネット(4ミリ以下)を設置する。
〇今後の発生状況については、同センターが発表する各種情報とホームページを参考にする。
〇防除対策の詳細については「佐賀県病害虫防除のてびき」を参照。

【佐賀県病害虫防除のてびき】

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る