人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

循環型農業を学ぶ「アクアポニックス・アカデミー」2023年3月にリニューアル アクポニ2022年12月19日

一覧へ

株式会社アクポニは12月19日、循環型農業・アクアポニックスの基礎からビジネス活用まで体系的に学べる「アクアポニックス・アカデミー」をリニューアルし、第1期生の募集を開始した。

循環型農業を学ぶ「アクアポニックス・アカデミー」2023年3月にリニューアル アクポニ

2023年3月に開講する新たなプログラムでは、東京会場に通学する「ビジネス」「スタンダード」「スタディ」コース、動画を視聴して学ぶ「オンライン」コースの計4コースを提供。座学でアクアポニックスの基礎を学ぶ従来の内容に加え、上位2コースは神奈川県藤沢市で運営する自社農場で、生産管理やシステムの設計施工を行う実習をプラスするなど、アクアポニックス実践者を育成するための充実したカリキュラムが特徴となる。

農場実習は、同社が運営する、神奈川県藤沢市の2つのアクアポニックス農場「湘南アクポニ農場」「ふじさわアクポニビレッジ」で実施。日本で見学・研修できるアクアポニックス農場はまだ希少で、全国のアクアポニックス実践者から多くの問い合わせがあったことから、新たに実習をプログラムに組み込んだ。座学でアクアポニックスの基礎知識を学び、実際に農場実習を行うことで、コース終了後すぐに実践に活かすことができる。

実習は全8回の実施を予定。野菜や魚の管理、資機材のメンテナンス、水質検査等を学ぶ「生産管理」と、小規模のシステムを組み立て、基礎的な設計や施工技術を学ぶ「施工技術」の授業を実施する。また、活用事例として、当社のシステムを導入した企業が運営するアクアポニックス農場の訪問や見学も予定している。

水耕栽培と魚の養殖をかけあわせた、生産性と環境配慮の両立ができる農法「アクアポニックス」水耕栽培と魚の養殖をかけあわせた、生産性と環境配慮の両立ができる農法「アクアポニックス」

今回のリニューアルでは、新規事業や農福連携の取り組みとしての導入をはじめ、就農や起業のツール、家庭菜園としての活用など、企業から個人まで幅広くアクアポニックスに取り組めるよう、選べる4コースを提供。「ビジネス」「スタンダード」コースは農場実習があり、3か月でアクアポニックスのプロを目指すことができる。将来的にアクアポニックスを実践したい人のために2か月間の「スタディ」コース、自分のペースで受講したい人のための「オンライン」コースも用意した。

2014年に創業した同社は、日本におけるアクアポニックスのパイオニアで12月現在、全国で約30社が同社からアクアポニックスのシステムを導入。2016年6月に開始したアクアポニックス・アカデミーは、合計300人以上が受講しており、卒業生は就農、起業をはじめ、教育機関での活用を行うなど幅広く活躍している。

アクアポニックス・アカデミーの第1期は2023年3月4日〜5月27日までの土曜に開催予定。また、オンライン無料説明会も実施している。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る