左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

AI潅水施肥システムのゼロアグリ 環境にやさしい「美やさい」ブランドの実証販売を開始2023年10月13日

一覧へ

ルートレック・ネットワークスは、同社が開発するAI潅水施肥システム「ゼロアグリ」を導入した生産者が作った野菜のブランド「美やさい」を立ち上げた。水と肥料をコントロールし、品質高く、節水や化学肥料削減に配慮して栽培した野菜を「美やさい」とし、今後ECサイトや大手スーパーなどで販売を予定。10月14日には東京・赤坂で開催のヒルズマルシェで実証販売を開始する。

美やさい商品イメージ美やさい商品イメージ

AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」は、パイプハウス向けのスマート環境制御機器として、全国で370台以上が導入され、作物の品質向上、収量向上と生産者の産性向上に貢献。同社は、今後スマート農業機器の活用メリットの向上や普及、認知度向上をより強化していく上で、作物の生産プロセスだけでなく、販売面でも生産者をサポートしていくことが重要と考えている。また、農林水産省が掲げる「みどりの食料システム戦略」により、農業においてもCO2排出削減を意識した栽培手法が重要視されているが、販売された野菜の環境に対する消費者の意識は高いとはいえない。

そこで同社は、スマート農業機器を活用して生産した品質の高い野菜をブランド化。高品質の野菜を求める消費者と生産者を結びつけることで、スマート農業や農業における環境問題をアピールするとともに、品質の高い野菜を安心して買えるよう「美やさい」の実証販売を始める。

AI潅水施肥システムのゼロアグリ 環境にやさしい「美やさい」ブランドの実証販売を開始「美やさい」は、農業における「水やり・肥料やり」をAIでコントロールして栽培した野菜。人間では難しいAIによる毎日の細かい「水やり・肥料やり」により、作物はストレスなく健康に育ち、生産者が手間をかけて作物の手入れを行うことで、美味しく品質の高い野菜が育つ。また、化学肥料や水の過剰使用をなくすことができるため、地球環境にもやさしい野菜といえる。

「美やさい」の取り組みにおいては、おいしい野菜をつくるために大切な作物を育てるプロセスを消費者に想像してもらえるよう産地や生産者プロフィールを紹介。また、栽培時に最適な水と肥料をコントロールするため、節水減肥につながり、地球にやさしい栽培であることを消費者にも伝わりやすいよう、生産者ごとに栽培におけるCO2排出の削減量を表記する。すでにクボタがグループ社員や日本生命の社員を対象に展開する産地直送通販サイト「クボタべっぴんファーム」で先行販売しており、今後は14日のヒルズマルシェでの実証販売に加え、高付加価値型のスーパー等で販売していく。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る