2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

肥料価格高騰分の半額程度など補助へ 福井県が農家の緊急支援へ約9億円予算化2022年6月14日

一覧へ

ロシアのウクライナ侵攻などの影響で秋の肥料価格が過去最高水準となる中、福井県は価格高騰分の半額程度を補助する方針を決め、6月補正予算案に農家への緊急支援事業として8億8700万円を盛り込み、6月13日に開会した福井県議会に提案した。

補正予算案に盛り込まれた「ふくいの農業生産緊急支援事業」は、燃料や肥料をはじめとする資材高騰で経営が圧迫されている農家を支援するもので、肥料などの資材価格や、施設園芸用ハウスビニール張替えにかかる資材高騰分を補助するために設けられた。

具体的には、米や麦など土地利用型作物の場合、肥料価格の補助として10a当たり2000円を支援する。福井県によると、対象となる面積は約3万1000haで、この分で計約5億2000万円に上る見通し。価格高騰分の約半額程度を補助することになるという。

また、ネギやキャベツなどの野菜をはじめ果樹、花などの園芸作物の肥料価格の補助としては、10a当たり11000円を支援する。対象面積は約1500haで、総額は計約1億7000万円に上る見通し。米や麦と同様、価格高騰分の半額程度の補助になる。

さらに保温性や耐久性の高い施設園芸用ハウスのビニール張替にかかる資材高騰分について、約650棟を対象に1平方m当たり150円を補助することも盛り込み、約4000万円を計上した。

県農林水産部では「肥料価格に限らず燃料費などさまざまな資材が高騰する中、農家への緊急支援に乗り出すことにした。県内の市や町でも肥料購入費の10%を補助するなどさまざまな支援の動きがあり、農家にはこうした支援を組み合わせてほしい」と話している。

肥料原料をめぐっては、世界で穀物相場が上昇するなか、昨年10月からの中国の輸出規制などで需給がひっ迫して価格が高騰し、ロシアのウクライナ侵略でさらに需給がひっ迫、窒素、りん酸、加里の国際市況は、史上最高値まで上昇した。JA全農は5月31日、2022(令和4)肥料年度秋肥(6~10月)価格の決定内容を公表し、輸入尿素が前期比(春肥対比)で94%値上げとなるなど多くの品目で過去最高水準の価格となっている。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る