人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

豪州DE Engineers社サイロ部門を買収 サタケ2024年4月15日

一覧へ

株式会社サタケは、豪州の穀物調製機メーカーDE Engineers社と同社のサイロ事業の買収に合意し、4月3日に同国パース市で調印式を行った。

調印式のようす調印式のようす

サタケは、1991年に豪州における営業拠点としてサタケ・オーストラリア(以下「SAU社」)を設立し、米・小麦・種子・豆類などの加工機器および加工ラインを販売している。2015年には、大型穀物サイロメーカー「デニーズ社」を買収し、豪州東部を中心としたサイロ事業に参入した。
DE社は1965年設立の農機メーカーで、穀物貯蔵サイロ、グレインクリーナーなど収穫後の調製を行う機器やエアレーション機器などの付帯設備を製造販売している。特に、工場組立型の小型穀物サイロで強みを持つ。

今回の合意で、サタケ(SAU社)はDE社よりサイロ事業ならびに延べ5,760平方メートルの生産工場、サイロ壁板ロール機などの設備を譲り受ける。SAU社は今後、営業や管理部門の統合など組織の効率化を図るとともに、大型・小型サイロを豪州の東西両地域に生産・供給できる体制を整える。
サタケ代表取締役社長の松本和久氏は同買収について、「製品ラインアップの拡充や、より高品質な製品の提供と迅速なサービス体制を構築したいと考えています。豪州においても穀物の貯蔵から加工までをワンストップで提供するリーディングサプライヤーを目指します」と述べている。

なお、DE社サイロ部門の買収額は非公表。

DE社のサイロ生産工場DE社のサイロ生産工場

●DE社について
社名: DE Engineers(ディーイー・エンジニアーズ)
所在地: 131 Clayton Street, Bellevue, WA 6056, Australia
(オーストラリア国西オーストラリア州ベルビュー)
代表者: Kevin Prater氏(代表)
業種: サイロおよび穀物調製機の製造販売

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る