野菜・果物 ニュース詳細

2014.12.01 
野菜「週1回以下」が1割以上 JC総研が調査一覧へ

 JC総研は11月27日、「野菜・果物の消費行動に関する調査結果〜2014年調査〜」を発表した。トータルでは、野菜の摂取頻度が減少している結果となった。

 野菜を毎日(ほぼ毎食・毎日)食べると答えた人は62.0%(前回64.7%)と前回調査に引き続き減少し、野菜を「週に1日未満/食べない」と答えた人は12.8%(同8.6%)と前回よりも増え、1割を超えた。
 属性別に見ても、野菜を毎日食べる人は、単身女性を除き、前回、今回ともに減少した。前々回(2012年)調査と比較すると、全属性とも5ポイント以上の減少となった。
 野菜を「週1日未満/食べない」と答えた単身男性は年々増加し、25.3%(同22.0%)と4人に1人となった。単身層を中心にして、恒常的な野菜の摂取不足が懸念される。
 今回の調査では、サラダ用など「カット野菜の利用頻度」を初めて調査した。それによると、カット野菜の利用頻度はトータルでは「週に1日以上」が24.1%、「週に1日未満」が29.6%、「全く食べない」が46.3%だった。年齢層別では若年層ほど多く、20代以下では「週に1日以上」が3割を超えている。また、70代以上では、「ほぼ毎日」がサラダ用7.0%、料理用6.2%と、若年層とほぼ変わらない結果となった。高年齢層でもカット野菜を重宝していることがわかった。

(関連記事)

労働法務の相談減る JC総研26年度上半期(2014.10.29)

米の購入、「ネット・通販」が大幅増(2014.06.30)

精肉の国産志向が顕著に JC総研調査(2014.04.09)

単身・若年層で野菜消費減る 価格高騰が影響(2013.12.09)

お米、若い層でも「品質重視」 JC総研調査(2013.07.09)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ