Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

花で新品種販売 サカタのタネ2016年9月27日

一覧へ

 (株)サカタのタネはジニア「プロフュージョン」シリーズの新品種を12月から、ニチニチソウ(ビンカ)の新シリーズ「爽涼」とポーチュラカ「サンちゅらか キャンディーブーケ」シリーズの新色を来年5月から発売する。

◆「プロフュージョン」シリーズに新品種

プロフュージョン レモン 同シリーズは1999年にジニアの種間雑種(同じ属の異なる種の間にできた雑種第一代)として、同社が初めて商品化した花壇、鉢物用の草花。従来のジニアに比べ生育旺盛で、暑さ・乾燥に強く、斑点細菌病とうどんこ病への高い耐病性がある。
 春から秋まで長時間咲き続け、枯れた花を隠すように新しい花が開花する「セルフクリーニング」という性質を持ち、手入れの手間がいらない。
 これに「プロフュージョン レモン」が登場。イエローの花色が特徴で、雨が降った後の気温時の上昇でも葉が枯れにくい。
 神奈川県農業技術センターで7月22日に開かれた「第62回全日本花卉品種審査会」ジニアの部で高く評価され、1等特別賞を受賞した。
 希望小売価格は税抜きで、種子が1袋1000粒入りで4000円、セルトップ苗は406穴セルトレー(380本保証)で6080円。全国の種苗店やJAなどで10月上旬から受注を開始し、出荷は種子が12月上旬、セルトップ苗は来年2月中旬から行う。


◆ビンカ「爽涼(そうりょう)」シリーズ

ビンカ「爽涼(そうりょう)」シリーズ 同シリーズはビンカの中で希少性の高い八重咲きタイプ。爽やかで涼し気な印象から命名された。
 暑い時期でも乾燥に耐え、株が大きく育ち八重性も安定している。
 ラインアップは、淡い紅色の「爽涼 うすべに」、桜色の「同 うすざくら」、白地に中心が赤になる「同 しろくれない」の3品種。
 全国の園芸店やホームセンターなどで来年5月から発売。実勢予想価格は税抜きで9センチポット350円程度。オンラインショップを含む同社の通信販売では来年3月から受注を開始するが、価格は未定。


◆ポーチュラカ「サンちゅらか キャンディーブーケ」に新色

「サンちゅらか キャンディーブーケ」 株全体がこんもりとマウンド形にまとまるタイプのポーチュラカで、鉢植え向き。"鉢植えの主役として利用できる"シリーズで、株一面に花が密に咲き、ボリュームが出ることが特徴。
 これに、桜色の「サンちゅらか キャンディーブーケ ライトピンク」が新発売する。
 全国の園芸店やホームセンターなどで来年5月上旬から発売。実勢予想価格は税抜き10.5ポット450円程度。オンラインショップを含む同社の通信販売では11月下旬から受注を開始する。

(サカタのタネの関連記事)
インドネシアでサンパチェンス高評価 サカタのタネ (16.09.26)

午後も花をとじない ポーチュラカ「サンちゅらか レッド」 サカタのタネ (16.09.21)

もち2倍 リンドウ「クラリナ サファイア」 サカタのタネ (16.09.20)

ケニア・アフリカ開発会議参加 サカタのタネ (16.09.16)

連休は横浜で 「乳しぼり」「エディブルフラワー」 サカタのタネ (16.09.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る