Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

インドネシアでサンパチェンス高評価 サカタのタネ2016年9月26日

一覧へ

 (株)サカタのタネは9月6日、インドネシア共和国西ジャワ州の同国鑑賞植物研究所で開かれた「Open House Floriculture」に参加した。坂田宏社長らも出席し、インドネシアと同社の今後の研究協力について確認を行った。

環境に適した品種の開発の重要性をスピーチする坂田社長サンパチェンスが展示された温室インドネシア政府とサカタのタネの協力関係を確認したセレモニー

 インドネシア原産の野生の草花(ニューギニア インパチェンス)を素材にし、同社とIAARD(Indonesian Agency For Agriculture Reserch And Development)が共同開発した「サンパチェンス」の展示と紹介の一環として参加したもので、来場者の注目を集めた。
 「Open House Floriculture」は研究成果などを発表する同研究所にとって大切なイベントで、会場内にはキクなど研究所の育種成果の展示や研究者や生産者などの意見交換会が開かれた。
 式典のスピーチで坂田社長は「資源保有国と企業による生物多様性条約に基づいた共同開発は、主要な花き品目では世界で初めての事例。今後もIAARDとサカタのタネに新たな相互協力が生まれ、将来にわたって持続的に成功することを願っている」と話した。
 サンパチェンスの展示は温室の1つを使って行われ、同じくスピーチの際にはインドネシアの来賓に、厳しい環境への耐性と市場の需要を満たすことができる優れた品種と高く評価された。
(写真)環境に適した品種の開発の重要性をスピーチする坂田社長、サンパチェンスが展示された温室、インドネシア政府とサカタのタネの協力関係を確認したセレモニー

(サカタのタネの関連記事)
午後も花をとじない ポーチュラカ「サンちゅらか レッド」 サカタのタネ (16.09.21)

もち2倍 リンドウ「クラリナ サファイア」 サカタのタネ (16.09.20)

ケニア・アフリカ開発会議参加 サカタのタネ (16.09.16)

連休は横浜で 「乳しぼり」「エディブルフラワー」 サカタのタネ (16.09.15)

積雪に強い花「アラカルト シュシュ」 サカタのタネ (16.09.07)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る