Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

野菜の生育状況と価格見通し 生育は軒並みほぼ回復傾向へ2018年3月30日

一覧へ

 農林水産省はこのほど、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況と価格見通し(平成30年4月)について、主産地などから聞き取りを行い、その結果を公表した。

 ここ数年、天候不順により野菜の価格変動が大きくなっている中で、野菜の生育状況や価格の見通しを情報発信するため、同省では平成23年から主産地や卸売会社、中間事業者などから聞き取りを行いっている。なお、聞き取りを行った14品目の野菜の生育状況は同市場外で流通するものについても「同様の傾向」としている。
 それによると、ダイコンなどの根菜類は、11月中旬以降の低温で生育が低下し、平年よりも小ぶりとなったものの、3月上旬以降の気温の上昇で生育は回復傾向にあるとした。ニンジンの生育は平年並み。
 ハクサイやキャベツなどの葉茎菜類では、ハクサイ、ホウレンソウ、ネギの生育は平年並み。キャベツは11月中旬以降の低温で生育が低下、小玉傾向となったものの、3月上旬以降の気温上昇で回復傾向にある。レタスは同じく低温で生育が低下したが、3月上旬以降の気温の上昇に伴い、生育は回復傾向。
 キュウリやナスなどの果菜類の生育は平年並み。
 また、バレイショやサトイモ、タマネギなどの土物類では、バレイショは11月から2月にかけて天候が良好に推移したため大玉傾向。サトイモはすでに収穫が終了、貯蔵ものの出荷期間。タマネギの生育は平年並み。
 今後の生育、出荷と価格の見通しは次の表の通り。

今後の生育、出荷及び価格見通し

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る