野菜・果物 ニュース詳細

2019.01.18 
なにわの伝統野菜「難波葱」を販売 JA大阪南など一覧へ

 1月18日から始まる「難波葱フェスタ」期間中、JA大阪南管内の直売所「あすかてくるで」羽曳野店と河内長野店で、特設コーナーを設けて難波葱を販売する。

なにわの伝統野菜「難波葱」を販売  昨年4月に「なにわの伝統野菜」に認証された難波葱を新たな特産品としてPRするため、「難波葱フェスタ」が1月18日から27日までの10日間、大阪府内各所で開かれる。
 難波葱は、葉の繊維が柔らかく強いぬめりと香り、濃厚な甘みが特徴。とくに冬場(1~3月)が旬で、葉の内側に透明なゼリー状のぬめりが溜まり、葉の切り口からとろりと流れ出すほどになる。また、南海電鉄の社史によると、明治時代には現在の南海難波駅周辺でねぎ畑が広がっていたとされていて、鴨とねぎが入ったうどんを「鴨なんば」と呼ぶのは難波葱に由来しているという。
 JA大阪南の農産物直売所「あすかてくるで」羽曳野店と河内長野店では、午前9時半から難波葱が販売される。同様にJA大阪市直売所「おいで~菜」平野店と本店、JA大阪中河内農産物直売所「畑のつづき」天美店と松原店、JAいずみの愛彩ランドでも販売がある。
 なお、イベントの開会セレモニーが初日午後3時から大阪高島屋前で開かれ、先着300人に難波葱が無料で配布される。期間中は飲食店で難波葱メニューの提供や産地での収穫体験、料理イベント、生産者との交流会が企画されている。

 

(関連記事)
【一品厳選】〔221〕白神ねぎラー油(18.12.27)
ネギで風邪を吹き飛ばそう! タキイ種苗(18.11.27)
【一品厳選】〔213〕ねぎドレッシング・ねぎみそだれ(18.09.05)
【共済事業部門受賞】多様な地域貢献活動で 中谷清 ・JA大阪南代表理事組合長(18.07.17)
【一品厳選】〔201〕焼きなす醤油(18.05.09)
「水戸の柔甘ねぎ」GI登録 生産部会が栽培・品質管理 JA水戸(18.02.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ