2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

"摘果リンゴ"地域挙げて有効活用 集荷作業が8月に入り本格化 JAみなみ信州2022年8月10日

一覧へ

JAみなみ信州と、みやげ菓子メーカーのマツザワ(長野県下伊那郡)は、リンゴ生産で国内2位の長野県における地域を挙げた資源の有効活用の取り組みとして例年、摘果した青リンゴを製菓原料として利用している。南信州地域のリンゴ生産者に呼びかけて集荷しており、今年の集荷作業が8月に入って本格化している。

摘果リンゴ受入作業風景摘果リンゴ受入作業風景

マツザワは、廃棄される摘果リンゴを受入れ、リンゴ生産者の夏場の手取り向上につなげようと、2010年から本格的に集荷事業をスタート。現在は約50戸の生産者から摘果リンゴを集荷しており、買取り金額は年間500万円を超える地域経済効果を生み出した。

摘果リンゴから作ったお菓子「りんご乙女」は、2019年には、補助金などを利用しない、永続的な自立した地域での取組みが評価され、農林水産省が推進する「食品産業もったいない大賞」も受賞。また、味覚に特化した国際コンテスト「国際味覚審査機構 iTQi」(ベルギー)では、14年連続の最高位3つ星を受賞している。毎年審査員の入れ替わるiTQiでの連続受賞は、とても難しいとされる中、日本の菓子において14年連続受賞は同製品のみとなる。

本来なら破棄されている摘果リンゴを主原料としながら、世界最高の味覚のお菓子と認められる「りんご乙女」だが、2020年からは新型コロナ感染拡大の影響を受け、「みやげが売れない」事態に陥った。集荷する摘果リンゴの量を30トンに制限することを余儀なくされたが、観光客の回復など、観光事業を取り巻く明るい兆しが少しずつ見え始めたことや、台湾など海外からのオファーなどもあり、今年は受入れ上限を50トンにアップ。地域を挙げての連携事業を深めていこうと取り組んでいる。

地域連携事業に参加するリンゴ生産者からは、「棄てられていたものが活かされてうれしい」「買い取っていただけてありがたい」「りんご乙女という素晴らしい製品を担当させていただけてとても光栄だ」など、取り組み開始から12年を経て重要な地域連携事業に育っている。

菓子用として受け入れる摘果リンゴの大きさは、55~72ミリで農薬取締法の基準をクリアした摘果リンゴのみ。買取り単価は1キロあたり60円と、加工用リンゴの買取り相場の2倍から3倍の価格で買い取っている。7月19日から始まった今年の集荷作業は、週2回のペースで9月まで続く。

地域連携により地元銘菓に育った「りんご乙女」地域連携により地元銘菓に育った「りんご乙女」

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る