農政 ニュース詳細

2017.11.09 
海外の日本食レストラン11万8000店に-農水省調査一覧へ

 農林水産省は11月7日、海外の日本食レストラン数の調査結果を発表した。前回調査の平成27年7月時点から3割増えて約11万8000店となっていることが分かった。

 外務省の協力のもと、238の在外公館を通じて各国の日本食レストラン数を調査した。各国の電話帳やウェブ検索などの情報も活用し現地で「日本食レストラン」として数えられている店舗を対象として10月時点で集計した。
 その結果、27年7月時点の約8万9000店から3割増の約11万8000店の日本食レストランが存在することが分かった。平成18年は約2万4000店、25年は約5万5000店だった。
 地域別では

アジア=約6万9300店
北米=約2万5300店
欧州=約1万2200店
中南米=約4600店
ロシア=約2400店
オセアニア=約2400店
中東=約950店
アフリカ=約350店

となっている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ