ブックガイド 詳細

宮沢賢治の菜食思想一覧へ

宮沢賢治の菜食思想

  • ●著者:鶴田静 / エッセイスト、菜食文化研究家
  • ●発行所:晶文社
  • ●発行日:2013年6月20日
  • ●定価:本体2200円+税
  • ●電話:03-3518-4940
  • ◎評者:佐藤喜作 / 一般財団法人農協協会会長

 宮沢賢治没した9月21日は今年で80年。日が降る毎に、何か事件があるほど彼が話題になり、その思想が参考にされ賢治は生き返る。宮沢賢治は青年時代から尊敬し憧れの的であったが、私は戦中戦後で充分な読書もできず、菜食主義者であったことは知らなかった。しかし書中に出てくる松田甚次郎の「土に叫ぶ」を読んで感激し鳥越(現山形県新庄市)を訪ねたことがある。

命の尊厳 賢治の視点

 今日、食原病(習慣病)と称されるメタボリックシンドロームが世界を席圏しているが、これは食の乱れから来たものであり、賢治の時代の農村の食卓は粗食で、肉、魚は今日ほどではなかった。それは現金で購わねばならない、仏教と関連している、魚肉は生臭物とし特に肉は不浄物と捉えていた。精進日には魚も食べないものであった。それにしても化学者賢治が宝石製造の夢を棄て、ひたむきに百姓の目線に立っての、総ての命の尊厳に視点を置いた食と農の実践と総ての作品との広範な関係の接点を解説したのが本書の内容である。
 有名な雨にも負けずの中の「一日ニ玄米四合ト 味増ト少シノ野菜ヲタベ」は粗食にあらずして「蘇食」と言うべきであろう。そして欧米で注目され普及しているマクロビオテック(玄米正食)が難病を治癒させる力を持つといわれる。
 ギリシヤのヒポクラテスは「食べ物で治らない病気は薬でも治らない。食べ物は薬になるが、薬は食べ物とはならない」と喝破している。
 現今社会の食に対する混乱、生きる意味、健康、難病、粗食、美食、蘇食、飽食、家庭食から外食、食品公害等で混乱する時に本書が出版された意味は極めて意義のあることである。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ