Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

目指せナンバーワン がんばれ世界のJA職員!2018年4月11日

一覧へ

【下小野田寛・JA鹿児島きもつき代表理事組合長】

 今春、JAおよびJAグループに入られた新卒職員の皆さん、ご入組・ご入会おめでとうございます。皆さんの今後のご活躍を大いに期待しております。

下小野田寛・JA鹿児島きもつき代表理事組合長 JAグループも今、新しい時代を迎えています。時代変革の大きなうねりが日本全体に押し寄せ、私どもJAグループにとりましても、その影響度、荒波はとうてい無視できるものではありません。
 グローバル化・新自由主義の進展・少子高齢化・資本主義の行き詰まり・経済成長の伸び悩み等により、世界的に格差・分断が拡大しつつある今日、私どもJAグループは協同組合としての原点に立ち、今こそJAグループの良さ、本来の力を発揮すべき時です。まさに、私たちの仕事は時代が求めており、時代の最先端を行く仕事であります。
 そして世界の総人口が90億人を超える日が近いという将来予測のなか、安心・安全でおいしい食料を安定的に確保していくことは、人類の喫緊の課題であります。そのことに大きく寄与することも私たちJAグループの大きな使命であります。
 そのような大きな使命を持つJAグループに、こころざしを高く持って入られた皆さんの活躍の舞台は整っています、皆さんの仕事は時代の最先端の仕事であり、世界ナンバーワンを目指せる仕事であります。日本の黒毛和牛の希少性と品質への評価が世界的に高まっているように、日本の食に対し、世界が注目しています。
 まさに世界の食を日本が引っ張る時代も夢ではありません。そのときに日本の食の中核をなすのが、農家組合員が心を込めて大事に育てた農畜産物であります。
 世界ナンバーワンの日本の食を実現するために、世界ナンバーワンの農畜産物が必要であり、それを作っていくのが私どもJAグループの農家組合員です。皆さんはそのようなナンバーワンを目指す農家組合員といっしょに仕事ができるナンバーワンのJA職員を目指してほしいのです。
 全国津々浦々にJAがあり、それぞれに素晴らしい農家組合員がおられます。全国のJA・農家組合員がそれぞれに手を取り合い、「チームJA」として日本の食の向上に努めれば、必ずや世界ナンバーワンの日本の食が実現し、国内の人のみならず、世界の人々を幸せにすることができます。
 そのときに農家組合員とともにがんばり、組合員の信頼のパートナーになってもらうのが、JA職員である皆さんです。
 格差・分断がより拡大し、個々人の孤独感・孤立感がますます高まっていくことが懸念される今日、JAが連帯と信頼をベースに日本で、それぞれの地域で果たすべき役割はとても大きいものがあります。総合事業を営むJAだからこそ、組合員と地域の安心・安全の拠り所となることができ、さまざまな事業活動の成果を地元に還元しつづけることができます。
 そうした大きな使命と役割を担うJAは、若い皆さんの大いなる力と情熱を求めていますし、間違いなく皆さんの活躍の場は、今後大きく拡がっていきます。
  ナンバーワンを目指す皆さんの今後に大いに期待します。「がんばれ!世界のJA職員!」。

(写真)下小野田寛・JA鹿児島きもつき代表理事組合長

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る