2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

コロナ対策の秘かな大転換【森島 賢・正義派の農政論】2022年7月19日

一覧へ

コロナの第7波が襲ってきた。累計の感染者数は1000万人を超え、国民の1割に迫っている。だが政府は、無策のままである。
政府は、国民に対して、一層の自粛を要求するだけで、いまのままの対策を今後も続け、特別の対策は採らない、としている。とうとう策に窮して、あからさまに国民を棄てたのである。
善意にとれば、政府は、コロナ対策の目的を、集団免疫の獲得に大転換した、と言い逃れしようとしているのかも知れない。
だが、集団免疫を獲得するには、そのための条件が必要である。その条件を満たしていない。

コロナ対策の秘かな大転換【森島 賢・正義派の農政論】

上の図は、年初から先週末までの新規感染者数の推移である。先週には、過去最多記録を更新した。

第7波に突入したことは、専門外の筆者の目にも明らかである。

この図をみて、政府はコロナ対策を放棄したのだろう。そうして、対策の目的を集団免疫の獲得に転換したように、見せかけようとしている。

集団免疫とは、免疫を獲得した人を、国民の6割程度に増やし、それ以上の感染拡大の勢いを弱め、ウイルスが死滅するのを待つ、というものである。

これには、条件がある。

免疫を獲得するために、自然感染を待つ、というのでは対策でも何でもない。ただの無策である。そうではなくて、優れたワクチンを開発し、接種して、多くの国民が免疫を獲得することを対策にする。

だが、政府はワクチンの開発を怠ってきたし、不充分にしか輸入してこなかった。

また、免疫を獲得しても、100%の人が感染を免れるわけではない。不運にも感染する人がいる。だから、その人たちを重篤化させないための薬を開発し、投与することが必要である。

だが、政府は薬の開発を怠ってきたし、不充分にしか輸入してこなかった。

これは、集団免疫ではない。経済が第1、国民の命は第2という、これまでのコロナ無策の継続である。その結果が、いまの日本の、国民を犠牲にした、悲惨なコロナ禍の実態である。

日本のコロナ無策は、今に始まったことではない。当初から、検査を怠ってきたし、隔離も不充分だったし、治療も不充分だった。

これは、集団免疫を目指していたように見えたかもしれない。だが、実際にはただの無策だったのである。だから、大転換でも何でもない。これまでの無策を今後も続ける、という厚顔な開き直りである。

そして、このことが露見するのをおそれて、秘かに無策を続けようとしているだけなのである。

いまからでは遅い、などと言ってはいられない。

政府は、持っている力の全てを使って、必要なワクチンと治療薬を、充分に供給すべきである。そうして、医療の力を最大限に発揮できるように、その体制を民主的に再編すべきである。

野党には、それを督促し、監視する責任がある。参院選の大敗に、意気消沈しているときではない。

(2022.07.19)

(前回   米欧型の民主主義の崩壊

(前々回  NATOの焦り

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

正義派の農政論ー森島.jpg

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る