人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

コメは投機の対象とすべきではない【原田 康・目明き千人】2023年11月4日

一覧へ

コメを先物取引の対象とする動きがある。コメを商品の一つとしてみる立場からは先物市場の対象とすることは当然の合理性があることとなろう。

一般的に、商品を開発して拡大、発展させて利益を上げるという仕組みとして先物市場での取引への参加は妥当であろう。貿易が自由化され、輸出、輸入が世界的な規模で拡大している現状では先物市場でのリスク・ヘッジが自衛策の一つである。

日本の米という商品はこのような立場で見ると特殊な商品である。毎日の食卓の主役であり安定したコメの生産、流通が社会全体の安定の基本の一つとなっている。また、コメはご飯以外にもお菓子や加工食品の原料としても大きなウエートを持っている。

コメ作りの水田についても環境を守る点からの評価を改めて強調したい。地政学的に見ても、日本は南北に長い島国であり、列島の中心地帯に険しい山脈があり、台風や豪雨などの災害の多い国であり水田の「自然のダム」としての機能が住宅地を災害から守ってくれている。

コメ作りは田植えから収穫まで田んぼの水を入れたり出したりの水の管理が大変であるがこれも個々の農家は自分の田んぼだけではなく、水路の確保は地域の農家の共同作業となっている。田んぼは、農村の地域全体の社会的な安定の効果は大きい。

コメを一般の商品と同じと見て流通の合理化として安いコメを探せば価格競争力で優位な外国の米が大量に輸入されることとなる。外国の米が主流となった時、国際的な紛争で入荷がストップしたら何が起きるか。

ガソリンなどの燃料の輸入がストップしたオイルショックの時にはトイレットペーパーが小売店の店頭から消えたが、コメはあの程度の混乱では済まないであろう。コメ作りは一年に一回の収穫である。

ご飯は毎日食べる。コメという商品は金融商品にはなじまない。投機の対象とすることのマイナスを正確に知ることが必要であろう。

(原田 康)

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る