左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新たに4件の6次化事業に出資 A-FIVE2014年9月16日

一覧へ

 (株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)は9月11日、サブファンドによる6次産業化事業体への出資を新たに4件決めた。

 今回、新たに出資が決まったのは次の通り(▽事業体の名称(所在地、サブファンドの主な出資主体))。
▽(株)ヒロサキ(青森県弘前市・青森銀行、秋田銀行、岩手銀行、山形銀行)
▽(株)つちのか(栃木県足利市・足利銀行)
▽(株)特産野菜ネット(兵庫県南あわじ市・みなと銀行、淡陽信用組合)
▽(株)アグリンクエブリイ広島(広島県福山市・広島銀行、広島信用金庫)
 ヒロサキは、特殊なパッケージで、色が変わらず14日間みずみずしい味を保存できる、皮むき不要でそのまま食べられるカットリンゴを製造・販売する。青森県のリンゴ生産者約80人とリンゴの供給体制を構築した。
 特産野菜ネットは、淡路島産タマネギを使った乾燥野菜を全国に販売する。
 今回の4件を含めて、これまで同社が出資した6次産業化事業は計35件となった。このうち、JA6次化ファンドの出資は7件。


(関連記事)

香港フードエキスポに出展 JAグループ (2014.08.19)

JA6次化ファンド 千葉の食品加工会社へ出資 (2014.08.18)

A-FIVE、日本通運が業務提携(2014.08.05)

JA6次化ファンド 金沢の炊飯事業に出資(2014.07.04)

新潟のワイン村構想へ出資 A-FIVE(2014.06.24)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る