金融・共済 ニュース詳細

2015.02.05 
初の全国サポーター交流会 農林中金一覧へ

 農林中央金庫はJAバンクCS改善プログラム導入のためのサポーターとして業務に取り組むJA職員の相互交流を目的に初の全国交流会を1月27日に開いた。

 CS改善プログラムとは、JAの現場で「顧客目線から職員が自ら考え自ら動くこと」で仕事の仕方、意識を変えるための取り組み。活動は職員による▽改善ミーティング、▽コーチング、▽窓口振り返りミーティング、▽窓口渉外連絡ノートの4つが重点。これを仕事のなかに定着させていくことを目標にしている。 26年12月現在、CS改善プログラムは33県48JAで導入されている。
 あいさつで中島隆男常務理事は「CS改善プログラムは地域から選ばれなくてはならないJAになるための重要な戦略。JAのファンを1人でも多くつくっていく取り組みでサポーターはその原動力」と参加者に期待した。
 交流会では3JAから事例発表があった。
 JAいずみの(大阪府)CSサポーターの黒川佳代子さんは、笑顔で接客などを掲げたこの活動によって「職場の風土が変わりつつある」としたうえで、活動継続のためのリーダー会議やSC活動発表会、本店・営農部への導入などさらなるCS向上に向けた取り組みを話した。
 JA小松市(石川県)からは金融課の土山嘉貴さんが報告した。振り返りミーティングなど核となる活動を実施している店舗では情報の共有ができており業務が円滑に遂行されているという。今後の課題としては一部にある「やらされ感」の払しょくやCS成果の実感のための方策などをあげ、他店舗の優良な事例を共有するなど、CS活動の原則、基本を大事に定着を図っていきたいと話した。
 JAさがみ(神奈川県)の人事教育課の細川文史さんは組織経済事業へのCS改善活動導入について話した。
 金融店舗に導入した経験をもとに、組織経済事業にとってもCS改善活動が重要なことを研修会などで強く訴えることが大事で、各事業所の管理者も見守るのではなく「積極的に関わる」ことが必要だといい「何よりも現状を変えようという熱意」を強調した。また、CSサポーターは組織経済事業と金融・共済店舗との「架け橋」として役割を果たすことにもなるなどと話した。

(関連記事)

部門連携で農業金融支援 農林中金(2015.02.05)

経常利益4096億円 農林中金第3四半期決算(2015.02.05)

振り込め詐欺防止でJAバンクに警察庁が感謝状(2015.02.04)

「ぐんまのスギ」製ベンチ 富岡製糸場に寄贈(2015.02.03)

農協法に農業所得増大を盛り込み 法改正案(2015.01.30)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ