左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

林業安全装備品に助成 農林中金が募集2016年3月31日

一覧へ

 農林中央金庫は林業用安全装備品の購入に必要費用を助成する事業を行っており、平成28年度の事業利用者を募集している。助成率は50%で、上期募集が28年4月1日から同15日まで、下期が同年9月1日から同年10月14日まで。

 この事業は平成27年度から始めた「林業労働安全性向上対策事業」として行う。労働安全対策に取り組む森林組合等を対象に、安全装備品の一部購入費用を助成する。
 助成対象備品はチェンソー防護ズボン・ブーツ、林業用のヘルメット、ジャケット、手袋など。27年度は全国の森林組合の約半分となる321団体(16森林組合連合会、305森林組合)が応募し、合計商品数7000点、7389人分、9300万円の助成実績を見込んでいる。
 林業従事者1000人あたりの死傷者数は26.9人(平成26年度)で、全産業平均の12倍に上り、高齢化も進み、従事者数も低迷している。林業従事者確保のためにも、労働安全性の向上は必須の課題となっている。

(関連記事)
中東地域への輸出促進支援でファンド組成-農林中金 (16.03.29)

JA貯金 2.3%伸び-農林中金 (16.03.25)

農業と食・地域を支える 農林中金が中期計画 (16.03.16)

JA貯金1月末 前年同月比2.3%の伸び-農林中金 (16.02.26)

JA貯金 前年同月比2.3%増-農林中央金庫 (16.01.26)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る