左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業経営アドバイザー活動推進協議会を設立2016年6月6日

一覧へ

 日本政策金融公庫農林水産事業は5月23日、農業経営アドバイザー活動推進協議会の設立総会を東京都内で開いた。

 農業経営アドバイザー制度は、農業経営者に対して経営改善支援に必要なノウハウを持つ人材育成をする制度。この制度を通じて農業者が"農業経営者"として自立していくことをめざす。そのための法人化の推進、さらに法人への経営改善支援などを行うアドバイザーを育成しようと、日本公庫はこの制度を平成17年度に創設した。
 これまでに農業経営アドバイザー合格者は3500名超。税理士・公認会計士や民間金融機関、JA職員なども合格している。農業経営アドバイザーは農業経営者を対象にした各種相談会などの開催や、農業者向け融資商品の企画、農業法人設立への相談対応などを行っている。
 JAでの農業経営アドバイザーの取組事例では、任意団体である特定農業団体が法人化をめざすことから、事業計画作成に関する相談対応を行ったほか、補助金を利用して導入した農機具の承継方法といった専門的な相談についてアドバイザーのネットワークを活用した相談対応などを行ったという。
 同日に設立した「農業経営アドバイザー活動推進協議会」はアドバイザーの活動推進を図り、農業経営の法人化等の向けたニーズに応えることが目的。会員は農業経営アドバイザー審査会、アドバイザーの輩出団体など。設立総会で会長に大泉一貫・宮城大学名誉教授が選出された。

(日本公庫の関連記事)
純利益505億円 前期比1853億円増-日本政策金融公庫 (16.06.03)

熊本地震被害支援で融資制度拡充-日本公庫 (16.06.02)

6月も休日電話相談-熊本地震対応 日本公庫 (2016.05.31)

民間金融機関と協調融資 1万5000件 日本政策金融公庫 (16.05.24)

融資実績23億円 熊本地震発生後-日本公庫 (16.05.20)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る