左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

熊本地震対策ファンドを創設-農林中央金庫2016年6月22日

一覧へ

 農林中央金庫は6月17日に熊本地震被害からの復興支援のため新たなファンドの創設などを発表した。

 熊本地震では農地や農業関連施設など生産基盤に大きな被害が発生していることから、出資面から被災農業法人の財務安定化を支援するため「熊本地震対策ファンド」を創設した。
 資金枠は5億円。日本政策金融公庫とJAグループの共同出資で設立した「アグリビジネス投資育成株式会社」が一定の条件を満たした農業法人に出資する。投資金額の上限は3000万円(条件を満たせば1億円まで可)。出資比率は原則として総発行済株式数の50%以内。出資期間は最長15年。7月から募集を開始する。
 また、熊本・大分県内のJAでも住宅被害を受けた方に対する低利の住宅関連融資が行われる。
 農林中央金庫は、一日も早い復興をサポートするため熊本支店内に「復興対策支援室」を設置した。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る