左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

純利益529億円 青年等就農資金融資は12%増-日本公庫中間決算2018年11月29日

一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)は11月27日、平成30年9月中間決算(平成29年4月1日~同9月30日)を発表した。経常収益は3007億円で、経常費用は2476億円だった。この結果、経常利益は531億円となり、特別損益を含めた中間純利益は529億円となった。前年同期決算に比べ262億円の減だった。

 農林水産事業は、資金運用収益142億円の計上等によって経常収益は204億円となり、経常費用は資金調達費用113億円の計上等で204億円だった。特別損失を含め、所要の政策コストとして政府補給金収入45億円を計上し、中間純利益は0円となった。
 平成30年度上半期の農業分野への融資実績は4543先(前年同期比95%)、1349億円(同71%)。このうち農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)の融資実績は3381先(同91%)、1131億円(同74%)となった。
 新規就農者や異業種からの農業参入企業等への融資実績は1233先(同109%)、307億円(同86%)。このうち平成26年度から取り扱いを始めた「青年等就農資金」の融資実績は834先(同112%)、654億円(同103%)となった。また6次産業化関連の融資実績は867先(同112%)、524億円(同75%)だった。

※訂正とお詫び

 融資実績が843先となっておりましたが、正しくは834先。
 654億円となっておりましたが、正しくは65億円です。

 訂正してお詫びいたします。(平成30年12月3日、10時44分)

 

(関連記事)
台風24号の被災農林漁業者の相談窓口開設 日本公庫(18.10.09)
中食・外食の利用が増加 日本公庫(18.10.01)
純利益 515億円増の1020億円-日本公庫(17.06.07)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る