金融・共済 ニュース詳細

2018.10.09 
台風24号の被災農林漁業者の相談窓口開設 日本公庫一覧へ

 日本政策金融公庫は10月3日、先の「台風第24号の被害を受けられた農林漁業者等の皆さまの相談窓口」を、大手町フィナンシャルシティ・ノースタワーの本店農林水産事業本部(TEL:0120-926-478)に開設し、融資や返済の相談にのる。

 日本公庫が案内している資金制度は、市町村が発行する罹災証明書を保持している農林漁業者等が対象。台風第24号を原因とする農林漁業施設の被害からの復旧には「農林漁業施設資金」、経営の再建には「農林漁業セーフティネット資金」があり、必要な資金を前者は負担額の80%または1施設あたり300万円のいずれか低い金額で最長15年、利率0.4%以内で実施している。後者は600万円以内、簿記記帳を行っている方に限り経営規模から融資限度額の引き上げが必要と認められた場合12分の3以内を最長10年、利率0.25%で融資してくれるもの。

 

(関連記事)
わが家の自給、地域の自給、そして国の自給へ ~JAは地域社会の守護神~1【星 寛治(高畠町)】(18.10.03)
新潟県岩船郡粟島浦村などを激甚災害に指定 農水省(18.10.02)
災害の早期復旧支援を-JAグループが要請(18.09.27)
台風21号の建更損害は14万件 JA共済連(18.09.21)
【小松泰信・地方の眼力】地方の臭いを忘れるな(18.09.12)
【西日本豪雨被災地ルポ】本格復旧はこれから  後片付けに追われる(18.08.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ