Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

台風24号の被災農林漁業者の相談窓口開設 日本公庫2018年10月9日

一覧へ

 日本政策金融公庫は10月3日、先の「台風第24号の被害を受けられた農林漁業者等の皆さまの相談窓口」を、大手町フィナンシャルシティ・ノースタワーの本店農林水産事業本部(TEL:0120-926-478)に開設し、融資や返済の相談にのる。

 日本公庫が案内している資金制度は、市町村が発行する罹災証明書を保持している農林漁業者等が対象。台風第24号を原因とする農林漁業施設の被害からの復旧には「農林漁業施設資金」、経営の再建には「農林漁業セーフティネット資金」があり、必要な資金を前者は負担額の80%または1施設あたり300万円のいずれか低い金額で最長15年、利率0.4%以内で実施している。後者は600万円以内、簿記記帳を行っている方に限り経営規模から融資限度額の引き上げが必要と認められた場合12分の3以内を最長10年、利率0.25%で融資してくれるもの。

 

(関連記事)
わが家の自給、地域の自給、そして国の自給へ ~JAは地域社会の守護神~1【星 寛治(高畠町)】(18.10.03)
新潟県岩船郡粟島浦村などを激甚災害に指定 農水省(18.10.02)
災害の早期復旧支援を-JAグループが要請(18.09.27)
台風21号の建更損害は14万件 JA共済連(18.09.21)
【小松泰信・地方の眼力】地方の臭いを忘れるな(18.09.12)
【西日本豪雨被災地ルポ】本格復旧はこれから  後片付けに追われる(18.08.28)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る