米・麦・大豆 ニュース詳細

2013.11.26 
1等比率80%超える 25年産米検査結果一覧へ

 農水省は11月20日、10月末現在の平成25年産米検査結果(速報)を発表した。

 1等比率は80.2%で、9月末に比べて1.5ポイント上がった。検査数量は9月末より193万6900t増えて380万5500tで、これは24年産米の検査数量の約76%に相当する。
 2等以下に格付されたおもな理由は「心白および腹白」31.5%で、24年産の10月末現在に比べて4.8ポイント多い。次いで「整粒不足」18%、「充実度」17.6%、「着色粒(カメムシ類)」16.8%となっている。


(関連記事)

生産調整の廃止と「主作」栽培を強調 (13.11.25)

25年産米相対価格、対前年比10%下げ(2013.11.01)

25年産米 西日本、ウンカ被害で収量低下 (13.10.31)

1等比率78.7%に 25年産米(2013.10.23)

25年産米の作況「102」 34万tの過剰(2013.10.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ