左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

でん粉需要7万トン増 製紙用伸びる見込み2014年7月16日

一覧へ

 農林水産省は7月7日、平成26でん粉年度(26年10月1日?27年9月30日)の需給見通しを発表した。

 同年度の需要は前年比6万8000t(2.6%)増の272万3000tとなる見込み。
 品目別では、異性化糖、ブドウ糖、水あめなどの糖化製品が1.2%増の181万t、化工でん粉が2.5%増の33万t、製紙用・ビール用・片栗粉用などのその他用途が7.2%の58万tとなっている。
 糖化製品については、近年夏の猛暑が続いており、清涼飲料水の消費が好調であることが要因のひとつ。今後も「極端な冷夏にならない限り、引き続き需要は伸びるだろう」(農水省生産局農産部地域作物課)とみている。
 その他用途の需要が伸びている背景には、円安により紙製品の輸入が減少し、国内の製紙・ダンボール生産が上向いていることがある。これらの主な原料は輸入コーンスターチだが、前年に続き米国のトウモロコシが豊作で国際価格が下落傾向にあるため、「安価で安定的に原料が供給されるとの見込みも、需要の伸びを後押ししている」という。
 供給量は、国産イモでん粉が22万4000tで前年度とほぼ変わらず。コーンスターチは2万tほど増えて230万tを超える見通しだ。

平成26でん粉年度需給見通し


(関連記事)

【農薬登録情報】4剤が登録取得(6月25日付)(2014.06.30)

NON-GMコーンで生産 日本コーンスターチ(2014.06.12)

【特集・JA全農飼料畜産中央研究所養豚研究室】養豚農家の所得向上に直結する研究をめざす(2014.03.18)

サトウキビ交付金単価 100円増の1万6420円(2013.12.12)

新しいカンショでん粉 JA鹿児島経済連など(2013.11.11)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る