米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.08.01 
元気出る朝食は「ごはん」7割が同意 JA全中一覧へ

 JA全中は7月31日、朝食に関する意識調査結果を公表した。

 朝食に食べると元気が出ると思う主食を聞いたところ「ごはん」が68.2%と約7割を占めた。「パン」は16%だった。
 「ごはん」を主食としている人は、栄養バランスが「良いと思う」が21.6%、「やや良いと思う」が42.7%で合計64.3%が良いと思っていると回答した。一方、「パン」を主食としている人では「良い」、「やや良い」を合わせて45.3%で、ごはん派のほうが栄養バランスが良いと思っている人が多いことが示された。
 「ごはん」の魅力は「腹持ちがいい」が62.2%、一方、「パン」の魅力は「手軽に食べられる」が91.5%と大きな違いが見られた。
 朝食を「毎日」食べている人は回答者平均で約7割。20代では51.0%でもっとも低いが、年代に上がるについれて高くなり60代では86.5%だった。朝食を食べない理由は「朝は時間がないから」42.3%、「朝は食欲がないから」34.6%、「習慣がない」31.7%が上位3回答だった。
 「ごはん派」は朝食にかける時間が平日14.7分、休日18.3分だった。一方、「パン派」は平日13.0分、休日15.8分とごはん派のほうが長かった。また、「家族と一緒に食べる」が平日で「ごはん派」51.3%、「パン派」45.9%だった。ただ、家族と同居していても「一人で食べる」は全体で平日53.3%、休日37.7%を占めた。
 調査は6月上旬に20〜60歳代の男女1000を対象に行った。


(関連記事)

(85)「和食」の現実から食料政策を考える(2014.06.06)

若者の和食への関心高まる 農林中金が調査(2014.05.14)

地域の旬の食材で物語を作る 堀 冨士夫・一般社団法人 日本惣菜協会会長(株式会社デリカスイト代表取締役)(2014.05.12)

五月病予防にトマトを タキイ種苗(2014.04.28)

「パンvsごはん」絵画コンクール受賞作品決定(2013.09.26)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ