米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.12.25 
国産砂糖供給量増える 農水省一覧へ

 農水省は12月22日、平成26砂糖年度(26年10月〜27年9月)1〜3月期の砂糖・異性化糖の需給見通しを発表した。

 サトウキビ、テンサイを原料とする上白糖、グラニュー糖などの分蜜糖の消費見通しは45万3500トン、サトウキビを原料とする黒糖などの含蜜糖は1万1400トン、ブドウ糖と果糖の混合液糖である異性化糖は17万800トンとなる見通し。
 年度全体の消費量は、分蜜糖が196万5000トンで前年度比0.6%増、含蜜糖が3万1000トンで同0.6%減、異性化糖が80万6000トンで同0.7%減となる見込みだ。
 このうち、国内産の供給量は、分蜜糖が同3%増の73万9000トン。含蜜糖は同3%増の8000トンの見込み。前年比増となったのは、テンサイ、サトウキビともに好天に恵まれ、主な病害虫被害もなかったことなどが要因。


(関連記事)

【農業・農協改革】米国が農協攻撃-50年前、占領下の沖縄で- 普天間朝重・JAおきなわ代表理事専務(2014.12.02)

今夏の台風 農作物被害額49億円(2014.11.13)

カンショでん粉交付金7千円上げ3万円台に(2014.09.16)

BASFの殺虫剤「ペイオフ」 カネショウが買収(2014.10.06)

6作物8品種を農林認定品種に 農水省(2014.04.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ