左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

29年産米相対取引価格 前年比110%-2月2018年3月14日

一覧へ

 農林水産省は3月13日、2月の29年産米相対取引価格と数量を公表した。

 全銘柄平均の相対取引価格は60kg1万5729円で前月比101%となった。前年は同1万4319円で対前年比では110%となっている。
 銘柄ごとの前月との価格差は97%から107%となっており、多くの銘柄の価格は横ばいだが、一部銘柄で価格の引き下げ、引き上げがみられる。
 取引数量は全銘柄合計で18万8000t。前月にくらべて69%と少ない。また、対前年比でも68%となっている。

 

(関連記事)
商社や大手卸業者 コメの事前契約で囲い込み(18.03.09)
業務用向け販売割合39%-農水省調査(18.03.08)
中食・外食に大きな米消費拡大の可能性【藤尾益雄(株)神明代表取締役社長】(18.02.06)
主食用米増産に走る千葉県(18.01.16)
農業総産出額 16年ぶり9兆円超す-28年(17.12.29)
29年産米価格 前年比108%(17.12.13)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る