米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.08.03 
大豆は増加見込み 米国農務省需給見通し一覧へ

・穀物生産量前年並み

 米国務省は7月11日、2018/19年度の3回目の世界、および主要国の穀物・大豆に関する需給見通しを発表した。穀物全体の生産量は約25億6000tで前年度並み、大豆は約3億6000万tで前年度より約7%の増となっている。概要は次の通り。

 ▽穀物全体=生産量25億6097万t(対前年度比0.0%)。消費量は26億1491万t(同1.4%)。期末在庫率は22.3%(対前年度差2.4ポイント減)
 ▽小麦=米穀で春小麦が天候に恵まれ、増加となるものの、乾燥でロシア、EU等で減少することから、世界の生産量は、前年度より減少する見込み。世界の消費量は、中国等の増加で増える見込み。世界全体の消費量が生産量を上回り、期末在庫は前年度より低下する見込み。
 生産量は7億3626万t(対前年比2.9%減)。米国、カナダ等で増加、ロシア、EU等で減少。消費量は7億4887万t(同1.0%増)。中国、インド、米国等で増加、ロシア、EU等で減少。期末在庫量は2億6088万t(同4.6%減)。中国で増加、ロシア、EU、米国等で減少。期末在庫率は34.8%で前年度に比べ2.0ポイントの減少。
 ▽トウモロコシ=中国、ウクライナ等で増加することから、世界の生産量は増加する見込み。世界全体の消費量が生産量を上回り、期末在庫量も減る見込み。
 生産量は10億5430万t(対前年比2.0%増)。ブラジル、中国、アルゼンチン、ウクライナで増加。消費量10億9408万t(同2.3%増)。中国、ブラジル等で増加。期末在庫量1億5196万t(同20.7%減)。アルゼンチン等で増加、中国、米国、メキシコ、EU等で減少(前月に比べ、中国で下方修正)。在庫率は13.9%で前年度に比べ4.0ポイントの減。
 ▽米(精米)=作付面積が減少した中国等で減少することから、世界の生産量は前年度より減る見込み。世界の消費量は生産量を上回り、期末在庫量は前年度より低下する見込み。
 生産量は4億8780万t(対前年度比0.2%減)。中国等で減少。消費量は4億8791万t(同1.3%増)。期末在庫量1億4375万t(同0.1%減)。中国等で増加。在庫率は29.5%と、前年度に比べ0.4ポイントの減。
 ▽大豆=前年度減産となったアルゼンチン等で回復が見込まれることから、世界の生産量は前年度より増える見込み。中国、アルゼンチン等で需要が拡大することから、世界の消費量は生産量を上回り、期末在庫量は前年度より低下する見込み。
 生産量は3億5949万t(対前年度比6.8%増)。アルゼンチン等で増加、米国で減少(前月に比べブラジルで上方修正)、消費量は3億5429万t(同4.4%増)。中国、アルゼンチン等で増加(前月に比べ中国で下方修正)。期末在庫量は9827万t(同2.3%減)。アルゼンチン、米国等で増加、中国で減少(前月に比べ米国、アルゼンチンで上方修正)。在庫率は27.7%と、前年度に比べ0.6ポイントの減となっている。

 

(関連記事)
【三石誠司・グローバルとローカル:世界は今】(090)精密農業の行きつく先は?(18.07.13)
米国政府にすべてのGM原料の食品表示を求める 生活クラブ(18.07.11)
1トンあたり1550円値上げ 7-9月期配合飼料-JA全農(18.06.27)
海外ネットワークで飼料原料を安定調達 JA全農(18.04.02)
1トンあたり約1100円値上げ-JA全農 4~6月期の配合飼料価格(18.03.26)
(072)10年後の貿易量見通しから見える世界(18.03.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ