人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

福島県の23年産米の仮渡金(概算金) 1300~1900円増で2年連続の引き上げ2023年9月11日

一覧へ

JA全農ふくしまは、2023年産米の主力銘柄の仮渡金(概算金)を玄米60kg当たり1300円~1900円引き上げることを決めた。

福島県の23年産米の仮渡金(概算金) 1300~1900円増で2年連続の引き上げ

主力銘柄の仮渡金(カッコ内は前年差)は、「中通り・浜通りコシヒカリ」が1万2400円(+1800円)、「会津コシヒカリ」が1万2800円(+1300円)、「会津ひとめぼれ」が1万1800円(+1700円)、「天のつぶ」が1万1200円(+1900円)となり、2年連続の引き上げとなる。

今回の仮渡金の引き上げについて、JA全農ふくしまの米穀担当者は「JAごとにかかる費用が異なるので、今回から各JAが概算金を決める方式に変えた。県本部の概算金はあくまでも目安となる。国も県も在庫が減り、需給が締まってきたので、生産コストの上昇をふまえたもの」と説明。ただ、コロナ禍前の2019(令和元)年の「会津コシヒカリ」は1万3200円だったことから、依然として400円の差はあるものの、「何とか(元の金額まで)回復させたい」と語った。

農水省から発表された8月15日現在の作柄概況では、福島県は「やや良」と見込まれている。23年産米は、日照り続きで高温障害が出やすい環境にあり、白未熟発生が懸念されるが、さらに天候不順で刈取りが遅れると胴割れなど品質低下を招く恐れがあるため、適期の刈取りを呼びかけている。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る