人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

茨城県の23年産米の仮渡金(概算金) 1700円増で2年連続の引き上げ2023年9月11日

一覧へ

JA全農いばらきは、2023年産米の主力銘柄の仮渡金(概算金)を玄米60㎏当たり1700円引き上げることを決めた。

茨城県の仮渡金(玄米60kg当たり)

主力銘柄の仮渡金(カッコ内は前年差)は、「コシヒカリ」が1万2700円(+1700円)、「あきたこまち」が1万2000円(+1700円)となり、いずれも上げ幅は1700円で2年連続の引き上げとなる。その他の銘柄を入れても平均1500円程度の引き上げとなる。

今回の仮渡金の引き上げについて、JA全農いばらきの米穀担当者は「農水省は今年6月末民間在庫は197万tと、令和元年以来の200万㌧を下回っていると公表した。需給バランスが改善しつつあり、資材・燃油・肥料の高騰など生産コストが上がっているのをふまえたもの」と説明。コロナ禍前の2019(令和元)年にはまだ及ばないが、「2020(令和2)年に近く、回復しつつある」と指摘した。

農水省から発表された8月15日現在の作柄概況では、茨城県は「平年並み」。出穂期以降に夜温が下がらず、高温状態が続いたことによる高温障害の影響で白未熟(背白粒、基白粒、乳白粒)発生が懸念される。全体像はこれからだが、昨年よりも2等米が増え、1等米比率は下がる可能性がある。「収量が減ると販売を組み立て直さないといけない」と担当者。

主力品種の「コシヒカリ」や「あきたこまち」には高温耐性がないので、生産者が作りやすい高温耐性品種の普及が求められ、「にじのきらめき」には注目しているが、「いずれにしろ出口戦略が大切」と語った。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る